もしもの時に知っておきたい 交通事故と法律の関係

普段は煩わしく感じてしまう事もある法律ですが、交通事故が発生した時、きちんとした法律があることでとても助かる

もしもの時に知っておきたい 交通事故と法律の関係

交通事故が発生した時に、法律の有難さを感じた

出来れば一生、自分の身には起きて欲しくない事のひとつに、交通事故があると思います。しかし、歩行者に自転車にバイクに車、町中には多くの人や乗り物が溢れていて、それぞれが様々な目的地に向かって移動しています。その中で交通事故の現場を見た人も少なくはないと思います。私自身は一週間の内に、何件かそういった現場を通る事があります。車同士の接触で、運転手さんが何やら話しているところや、パトカーが停まっていて事故の処理をしているところであったり、道の橋に花束が手向けられていたり。自分には関係ないように思いがちだけど、とても身近な事でもあります。

そういう私も、一度だけ交通事故の当事者になってしまった事があります。幸い怪我人もなく、大した損傷もありませんでしたが、それでもいざ事故が起こるというのは、大事であり、瞬時に行動出来た事は、警察を呼ぶ事でした。警察の方が到着してからは、とても対応のはやい事!もちろん決まった手続きの順番があるわけで、なるべく落ち着いて冷静に、警察の方が言われた通りに事故の処理を進めていきました。普段は、ただ移動するだけなのに色々とルールが決められていて、煩わしいなと感じる事もありますが、いざという時に、きちんと法律で決められているおかげで、問題解決もスムーズになるのだなと感じました。