もしもの時に知っておきたい 交通事故と法律の関係

自転車同士がぶつかっても、自転車と歩行者がぶつかっても、法律上は交通事故として扱う事になります。

もしもの時に知っておきたい 交通事故と法律の関係

自転車同士がぶつかっても法律上は交通事故になる。

今から十年以上前の出来事です。当時大学生だった私は、毎日のように自転車に乗って出かけていました。ある日、買い物に行こうと思い、車道に引かれた自転車用の白線がとても狭かったので不安に思い、人気がないのを良い事に歩道を走行していました。突然、右側に強い衝撃を感じ、ズルズルと引きずる音と衝撃がしばらく続きました。同じく歩道を走行していた自転車が後ろからやって来て、無理やり追い越そうと割り込んできたためぶつかり、それでも相手が走行を辞めなかったのです。その歩道は車道より十センチほど盛り上げて作られていたため、必死に自転車に捕まりましたが転げ落ちそうになりました。追い越した後に相手が停車して私の方をチラリと振り返りましたが、私が怪我をしていないのを確認すると謝罪の言葉すらないまま行ってしまいました。

後になって調べたところ、自転車は軽車両というものに属する事が分かりました。免許も税金も不要なので気軽に乗り回していましたが、実は自転車も立派な車だったのです。そのため、自転車同士がぶつかっても、法律上は交通事故として扱う事が出来るのだと知りました。同じく、歩行者と自転車がぶつかっても、車である自転車が責任をとることになるのです。普段から気を抜かず気をつけていきたいものです。

注目のキーワード