もしもの時に知っておきたい 交通事故と法律の関係

交通事故に対する法律的解決方法は、最近めまぐるしく進化してきましたので、最近手続に関し検討する。

もしもの時に知っておきたい 交通事故と法律の関係

交通事故に関する法律解決について

日本は文字通り車社会を言っても過言ではありません。戦後日本経済の成長に大きく貢献した業種として、車産業は確実にあがるでしょう。確かに、最近は若者の車離れが目立つようになりましたが、それでも、大抵に家には一家に一台は自動車を所有しており、国道や公道には車がたくさん行き交いをしています。そのため、交通事故は年間かなり多く発生していますよね。また、交通事故は自分がいくら安全運転していてもふいに巻き込まれることがありますので、誰にでも起こりうる可能性があります。

そんな中交通事故が発生した場合、解決手段として、まずは警察に通報しますよね。そこで、警察官に対し現場検証を実施してもらいます。そのうえで、事故証明を作成してもらうことになります。この物損のみであれば、罰金、免許の点数をひかれるのみで済むと思いますが、人損があった場合は地検に立件されます。いずれにしても当事者同士で損害賠償の話がでると思いますが、基本的にはうまく合意できれば、保険会社同士で解決することになります。それでもダメな場合は法律的解決になりますが、最近では保険会社と弁護士会が共同して裁判を解さない任意和解手続ADRがあり、弁護士費用も依頼者が直接支払わず、弁護士会と保険会社に手続報告する形の制度が利用できるようになりました。ですので、無理に任意で解決しようとせず、法律的解決をもっと利用してみてもよいかもしれません。

注目のキーワード