もしもの時に知っておきたい 交通事故と法律の関係

交通事故後の対応についての話です。小さな事故ほど、意外と知られていない法律の落とし穴があります。

もしもの時に知っておきたい 交通事故と法律の関係

交通事故後の対応と法律の落とし穴

もしあなたが交通事故に巻き込まれたら、どうしますか?あまりピンと来ない方も多いかと思います。私もそうでした。ところがひょんなことから自動車関係の仕事をすることになり、交通事故とその後の処理というのが、非常に身近になったのです。そこで、意外と知られていない交通事故と法律に関する豆知識をご紹介します。

もし事故を起こしてしまったら、まず何よりも先に、相手の怪我を気遣いましょう。そして警察・救急にすみやかに連絡をします。この際に気をつけなければならないのが、実は相手が「歩行者・自転車」で、なおかつ「たいした被害がない」場合なのです。この場合、相手によっては「大丈夫ですよ」とそのまま立ち去ってしまうこともあるのですが、事故の大小に関わらず必ず警察に連絡をし、事故報告を行うことが重要です。なぜならば、その場で事故報告をしなかった場合、被害者が控えた車両ナンバーなどを元に、のちに一人で事故報告をすることが考えられるからなのです。事故当時は「怪我をしていない」「大丈夫」と言っていた相手が、後になって「怪我をした」「相手は逃げた」と警察に通報してしまうと、非常に立場が悪くなります。相手が交通弱者である上に、法律で義務づけられた事故報告を怠っていることもあり、こちらの証言が通らないケースが多々あります。

事故を起こしてしまった際に大切なこと、それは被害者を気遣い、しっかりと謝罪をし、そしてかならず警察に報告をする、ということです。それが被害者に対してこちらが通す誠意であり、同時に自分の身を守る手段でもあるのです。もし、あなたが今後事故に巻き込まれたら、このことを思い出してみて下さい。