もしもの時に知っておきたい 交通事故と法律の関係

万一交通事故に遭った場合、取り得る法律上の手段として、示談と損害賠償請求が考えられます。

もしもの時に知っておきたい 交通事故と法律の関係

交通事故に遭ったときに取り得る法律上の手段

現在日本は自動車やバイクの普及により誰でも交通事故に遭う危険な社会となっています。万一交通事故に遭った場合、加害者に対してどのような法律上の手段を取ることができるでしょうか。考えられる手段としては示談と損害賠償請求があります。まず、の手段はコストや負担も大きく最終的な手段であるため、示談を試みることが考えられます。実際、多くの交通事故事例は加害者と被害者の示談で解決がなされています。加害者側も示談が成立していれば自己の刑事裁判において犯情が軽くなるため、応じる可能性が高いといえます。ただし、不利な条件で合意してしまうことのないよう弁護士の適切な助言を得る必要があるといえます。

加害者側が示談に応じない場合、最終的な手段として不法行為に基づく損害の賠償の請求をすることが考えられます。裁判所の判断により損害の回復をすることができます。ただし、被った損害が大きい場合、訴訟費用や弁護士費用が高額になるおそれがあるため、メリットばかりではありません。また、裁判が長引けば精神的・身体的負担も大きくなるでしょう。そもそも交通事故に遭わないことが重要ですが、万一のときに備えて、法律上の手段を知っておけば慌てることはなくなるでしょう。

注目のキーワード