もしもの時に知っておきたい 交通事故と法律の関係

もし、交通事故を起こしてしまったら法律的にはどう対処していけば良いのかとその関係性についてお話します。

もしもの時に知っておきたい 交通事故と法律の関係

法律と交通事故の関係とは

よく、ニュースなとで交通事故などのニュースを見ると思いますが法律から見ると交通事故はどのような関係性になるかと言うともちろん法律でも定められていますが、道路交通法というのが交通事故などにおいては適応範囲になります。この道路交通法というのは交通事故にかぎった事ではなくて、例えば信号無視、道路標識の無視などにも適応されていて、道路での運転関係の法律と思ってくれれば良いと思います。交通事故を起こしてしまった場合、法律では対処の仕方は決まっていてこれを守らなければ罰則を受けることになり、事故の状況によってはかなり罰則が厳しいので必ず覚えておかなければならないです。

まず、交通事故を起こしてしまったらどんな些細な事でも警察に連絡をしなければならないです。仮に双方が無傷で怪我をしていなくても必ず警察に連絡をします。もし、相手の車などに当ててそのまま走り去ったら当て逃げになりこれは立派な犯罪になるので気を付けてほしいです。しかし、交通事故は無傷な場合もあれば相手が怪我をしている場合もあります。特に車と自転車やバイクであれば怪我をしている方が高いです。もし、交通事故を起こして相手に怪我をさせた場合は、まずは相手の保護が重要で義務です。そしてすぐに救急車を呼びます。その後に警察に連絡をします。ここで大事なのが相手の怪我の保護が最重要である事です。もし、交通事故を起こして相手が怪我をしているのに逃げたらひき逃げになり、それは犯罪行為なので必ず逃げるのはやめてほしいです。

注目のキーワード